花粉の季節になりました

先週あたりから怪しかったけど、おとといから、ここ福岡は酷いようです。
周りのみんなも一気に来ました。
ずーっと鼻をすすっているせいで、耳がこもっているような、抜けない感じ。
仕上げようと思っているミックスにも影響あるのかな。

花粉症の音響関係の人はこの時期仕事になるのかな?

今年もお世話になりました

久々に聞くラジオからユニコーンの名曲「雪の降る街」が流れてる。
年末特有のドタバタ、忘年会、仕事納めの大掃除、年末の恒例行事が済んでも、一年があまりにもあっという間で、年の瀬という実感はなかったが、この曲を聞くと不思議と今年ももう終わりなんだなーという気分になれた。
私生活では大きな変化のあった年ではあった。一方、minawoとしてのトピックには乏しい。あるとすれば一部の曲をダウンロード販売するようになったことくらい。
しかしこんなにも情報発信の少ない僕らのことを覚えていてくれ、メッセージをお送ってくださる方がいる。
ミュージシャンにとって楽曲が誰かの心に残っていることこそ何より大変ありがたいこと。
僕らの曲がラジオから流れることはないが、何かのきっかけで思い出してもらえると嬉しく思います。
今年もあとわずか。
来年も皆さんにとって良い年になりますように。

赤ちゃんが泣き止まむ音?

子供が生まれて4ヶ月が経ちました。
もう4ヶ月?まだ4ヶ月? どちらもだね。
時間を奪われ、大変な面もあるけれど、とっても癒されております。

さて、子持ちの家庭ではもはや常識?の赤ちゃんのグズリ対策法といえば、
TV放送後の砂嵐音やビニールのクシュクシュ音など。
大人には雑音にしか聞こえないんだけれど、なぜか好き。
ホワイトノイズも好きらしい。
これらの音はお母さんのお腹の中にいる時の環境音に近いのだとか。へー。

うちの子はといえば、掃除機やドライヤーなどのモーター音。
これを聞けば、とたんに泣き止む。

そこで、このモーター音を録音してみました。
iPhoneに転送して使用してみたところ、
泣き止んだり、ゴマかせたり、眠ったりとなかなかの効果。
さすがに大泣きの時は無理だけど。

素材をダウンロードできるようにしたので、
良かったらお試しください。

掃除機(1分程度)1.2MB
https://www.minawo.com/audio/cleaner.zip

ドライヤー(1分程度)1.3MB
https://www.minawo.com/audio/dryer.zip

※あくまで、うちの子でしか検証しておりませんので、その効果は保証できません。
※ご利用の際は耳や機器を痛めないよう、大音量で鳴らすのはおやめください。

家族会

すっかり子育てモードに入ってしまっておりました。久々の更新です。
先日やまぐちみなこ家が我が家へ遊びに来てくれました。
写真は、やまぐちみなこbaby(右)とまつうらみつをbaby(左)のツーショット。

音楽センスなんてまだまだ分からないけど、音楽は好きそうな2人です。

みなをの一部の曲でダウンロード販売開始しました。

レコード会社にお願いしてても、やっぱり権利関係だったり販売予想数だったり手数料だったり契約関係だったり、なんだかんだ大人の事情でダウンロード販売を行うのは無ずかしいようで、なかなか話が進まない。
だったら、自分たちが権利を持っているものだけでも販売はできるんじゃないかという結論に至り、販売を開始しました。
PayPalというシステムを使うので、購入してくださる方には大変分かりにくいカート画面となる事は心苦しいのですが、曲を入手できる手段や選択肢の幅を広げる事は、きっと今のニーズに即しているのではないかと思います。
私たちminawoが考える作品(アルバム)のかたち、それとは別に聞き手が気分によって選曲しプレーヤーに入れる曲はそれぞれあっていいのではないかということ。それが今回のダウンロード販売のきっかけでもあります。
販売できる曲数は非常に少ないですが、聞いて頂けるきっかけとなれば幸いです。
また、minawoとは別に僕の作品もここで発表できればと考えています。
→→→ ダウンロード販売はこちらのページをご覧ください。

糸島三都110キロウォーク

参加してきました。
4月28日~29日にかけて行われた、糸島の町を周回する大会。

http://www.ito110walk.jp/
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/299703

参加者600人ほどの内、6割くらいはリタイア or 時間制限で脱落してしまうほど過酷な大会だった。

結果、25時間44分かけてなんとかゴールをすることはできたのだが、とても気軽過ぎやろ!ってくらい気軽に参加してしまった事を反省させられる内容だった。

以下、反省点。
1、直前2ヶ月、気まぐれに数回練習をしてみるも、最高で30キロほどしか歩かなかったこと。

2、靴は専用の物を買ったので大丈夫だろうと軽く考え、テーピングやサポーター、絆創膏、日焼け止めさえも持っていかなかったこと。

3、直前にトイレに行ってしまい、スタート5秒前に出てきた時はほぼ最後尾。これで、かなり先頭とは差がついてしまった。

4、62キロ地点の二丈庁舎すぎて、どうもお腹が満たされていないので、コンビニでソーセージパンと缶コーヒーを購入。コレが失敗。ウォーキング中に脂っこいものは食べたらいかんのです。大会中に配られるものだけでなんとかなるんです。

5、懐中電灯は、JAFからもらった玩具のような発電機能付き懐中電灯を持っていったこと。70キロ地点の暗闇の中、段差にでつまずき捻挫。大会後ギブスをするはめに。

6、残り3キロを切った頃だろうか、歩道の傾きで変に体重が右側にかかり、豆がつぶれた。電気が走ったようにしびれる。
豆は気づいたときに潰しておいたほうが良かったのだろうが、全く気にしないでチェックせずに来たのが失敗。
後半は足先が浮腫んできて圧迫しているのか、足先からお尻にかけてしびれてきた。

歩いている最中はこんなに辛いならもう二度と出たくないと思ったが、数日たつと不思議とまた出てもいいかなと思えるようになってきた。
地元の方々の暖かい励ましの声。
参加者同士、苦しい中での「がんばってねー」とか「辛いねー」などのちょっとしたコミュニケーション、そして、景色の良さと、チェックポイントで出てくる糸島産の美味しい食物がそう思わせるのかも!

写真は、夕日に照らされる二見ヶ浦の夫婦岩

今年の春は遅いらしく、やっと梅の香りが漂ってきた。

早いもので福岡に戻ってきてもう一年が経つ。
人生初のザ・サラリーマン生活に四苦八苦しながらも、なんとかやっている。
仕事もプライベートも充実していると言ってもいいと思うが、
日々の過ぎ去る時間は、加速度を増している。

ここに書く話題について、残念ながら音楽の事はしばらくなさそうだ。
また、以前のように音楽に打ち込みたいと思う一方、
今は年相応の別のステージに来たのだと感じるのも正直なところ。

それでもなお好きな音楽を作り続けたいと思えるのなら、
それこそ価値あることではないのかと、最近はそう思う。
サラリーマンをやりながらでも、自分の好きな事に没頭している人はたくさんいるのだ。

minawoの音楽を応援してくれた方々、今も聞いてくれている方々へ。
ありがとうございます。
僕のような凡人が、音楽をやれ、様々な人に出会え、
応援していただいたことにとても感謝しています。

音楽の事は書けないかもしれないけれど、
作り続けることを辞めなければ、また発表をする機会があると思います。
そう信じます。